当事務所より

IMG_0904.jpg

          経 営 理 念 

   笑顔あふれる人、

   人間力に満ち溢れた企業、

   そしてより良い社会の

   永続発展の実現に向けて

 「三方よしの心」で社会に貢献いたします。

 

 所在地:茨城県古河市大手町8番1号に置く。

 

 登録年月日:

  社会保険労務士資格登録:平成17年12月1日 兵庫県会にて勤務社労士登録する。

  茨城県へ家族共に(妻の実家が茨城県でしたので)引っ越し、

  平成18年7月1日より茨城県会へ移転。 開業登録に変更する。 

  古河にて義父の経営していた製造販売(印刷)の二代目として事業継承する。

  平成22年3月をもって事業を閉鎖し、4月より社会保険労務士業に専念することになる。 

  現在、事業経営の実績をもとに後継者事業の新しいあり方を求めて、少人数ながらも

  きらりと光る経営者さまを力強くサポートするため、より良い労務アドバイスを提供する

  社会保険労務士として奔走している。

 

所属団体

所属登録団体

全国社会保険労務士会連合会 

茨城県社会保険労務士会

社団法人古河青年会議所 

 

代表者プロフィール

ひらめき代表者プロフィールひらめき

 おおたによしのぶとはどんな人???

昭和50年12月6日 兵庫県芦屋にて四人兄弟の三男として生を享ける。

昭和57年3月 芦屋市立西山幼稚園卒園

昭和63年3月 芦屋市立三条小学校(今は廃校)卒業

   小2より町の少年野球チームに入り、公文(小1から)と英語(小4から)は小6まで続ける。

   継続は力なりを体感する。。。小6時、応援団長、後期児童会会長を歴任する。

平成3年3月 岐阜県私立麗澤瑞浪中学校卒業

   中1より親元を離れ、寮生活を送る。親のありがたみに気づきつつ、寮生活を堪能する。

平成6年3月 岐阜県私立麗澤瑞浪高校卒業

   人間関係、学業に大いに悩みながらも部活は陸上部で、3年時主将を務める。

   「忍耐力」「自立力」「感謝力」を学ぶ。そして恩師より「克己」己に克つ心を伝授される。

平成10年3月 千葉県私立麗澤大学国際経済学部卒業

   学生時代は、ボランティア活動、学園祭実行委員会企画、寮祭実行委員会役職を務め、

   また学生セミナーのスタッフとして仲間と「人生とは」「人としていかに生きるべきか」を

   語り合い、人生の原点となる。専門では、経営戦略論で経営理念を基に「理念を会社で

   通底させるには」をテーマに研究する。ビジョナリーカンパニーを精読しまくる環境。

平成12年3月 公益財団法人(当時財団法人)モラロジー研究所道徳科学専攻塾卒塾

   道徳を基盤とした人材育成機関にて、国内外の高名な講師、実践英語、様々な研修を

   受けながら主体的に物事を受け入れ、捉え、より良い人生を歩む座標軸を学ぶ。

   海外研修先:マケドニア、コソボ自治州等々 

平成12年4月 兵庫県神戸市内の社会福祉法人二人同心会セラビィ入社

   高齢者介護の現場で、介助、運転、介護事務、すべての業務に携わり介護者としての

   心構えを学ぶ。寄り添う介護をしながら、現場の労務管理や「ヒト」の活かし方に深く

   興味を持つ。

平成14年4月 山内経営労務センター入社

   実家の社労士事務所に入社し、主に労働保険事務組合や一人親方等の労働・

   社会保険諸法令の事務手続き全般から労働法規に関わる手続きに至るまで、

   引き受けながら、社労士の勉強に励む。

平成17年12月 社会保険労務士資格取得(登録番号第28050097号)

   勤務社労士として登録。 さらなる研鑽に励む。

平成18年7月 大谷経営労務センター開業(茨城県会会員番号第0810495号)

平成18年7月 義父の事業を法人化し株式会社大谷印刷を開設。

   労務管理や生産管理部門、営業部門すべての領域を学ばせてもらい

   ・・・後継者企業としていかに労務管理をすべきか。

   ・・・創業者の想いとは、従業員とのコミュニケーション、効率的な労務環境の整備

     など労務スキルを取り入れた内容の濃い実践的な現場感覚を養うと共にいかに

     「何のために仕事をしているのか」あるべき姿を模索し、いかに社会に貢献するか

     が人生のテーマとなる。

 

現在、大谷経営労務センター代表として

「後継者企業で全力で頑張っておられる経営者」さまをサポートするべく、

社会保険労務士として更なるスキルアップとフットワークを活かした柔軟な

対応で労務管理をお手伝いさせていただいております。